2008年11月06日

カレンダー・ガールズ

「カレンダー・ガールズ」とゆうDVDを観ました。

イギリスの田舎町に住む婦人会のメンバーの1人
アニーの旦那さんが白血病で亡くなる。

アニーの親友クリスは
アニーの旦那さんが生前お世話になった病院に
ソファーを寄贈しようと思いつく。

そして婦人会のメンバー自らがモデルになりカレンダーを制作販売
その売上金でソファーを買うことにする。

当初500部程度の売れ行きと見込んでいたこのカレンダーが
マスコミに取り上げられ話題沸騰
カレンダーの記事は新聞の1面を飾り
連日インタビューに答える婦人会のメンバー
アメリカでのTV出演なども決まり
最終的にはイギリスとアメリカ両国で30万部も売れることになる。

なぜこんなに反響がすごかったのか
なぜならこのカレンダー
世界初、婦人会メンバーによる
「ヌードカレンダー」だったから。。。


この映画、実話を元にしています。

そして婦人会のメンバーとゆうのは
50代〜60代後半くらい?のおばちゃま達です。

普通のおばちゃま達がなぜヌードに挑戦したのか。
それは生前花を愛していたアニーの旦那さんが
遺した言葉に勇気をもらい
自分とゆう花をますます輝かせるため

「ヨークシャーの花は女性に似ている
成長ごとに美しさを増し
盛りを過ぎても見事に咲き誇る
(省略)
私が思うにこの地上で最も命を謳歌している花は
ひまわり(サンフラワー)だ
だから「太陽の花」と呼ぶのだろう
形も太陽に似ているが
いつも太陽の方を向くからだ
日が昇っている間
この花は太陽を追って顔の向きを変える
まるで日光の受信アンテナだ
どんなに日差しが弱くても懸命に探し出す
すばらしい特性だ
私はこの花に学びたい」


婦人会のメンバーの一人が言う
「私はもう55歳よ。今脱がなくて、いつ脱ぐの」


とても明るく楽しく前向きなストーリーでした。
いくつになってもとっても可愛らしくパワフルな
カレンダー・ガールズ
女性には是非おススメしたい映画です。
でも男性には・・・どうなんだろ?!


当初ソファーを寄贈する予定だった病院には
白血病の治療機器一式と
ソファー1個が贈られた・・・とのことです。。。
posted by 三田ちゃん at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・DVD